コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カティーフ Al-Qatīf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カティーフ
Al-Qatīf

サウジアラビア東部,ハサ地方にあるオアシスの町。ペルシア湾に面し,フフーフ北北東 160km,カティーフ油田の上に位置する。かつては重要な港町であったが,石油産業の発達に伴い,その位置をダンマームに譲った。油井とともに,石油・ガス分離工場もある。 1964年に農業灌漑施設が完成しカティーフ・オアシスは同国有数の農業地域となった。ナツメヤシ,果実,野菜,穀物,アルファルファ,米などを産する。人口約1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カティーフの関連キーワードアルカティフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android