コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カティーフ Al-Qatīf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カティーフ
Al-Qatīf

サウジアラビア東部,ハサ地方にあるオアシスの町。ペルシア湾に面し,フフーフ北北東 160km,カティーフ油田の上に位置する。かつては重要な港町であったが,石油産業の発達に伴い,その位置をダンマームに譲った。油井とともに,石油・ガス分離工場もある。 1964年に農業灌漑施設が完成しカティーフ・オアシスは同国有数の農業地域となった。ナツメヤシ,果実,野菜,穀物,アルファルファ,米などを産する。人口約1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カティーフの関連キーワードアルカティフ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android