コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテキスタ catechista

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテキスタ
catechista

カテキズムと同根のキリスト教用語で,古代教会では洗礼志願者に対しキリスト教教理の指導と信仰生活の準備を与える教師たちをさした。現代でも,子供の宗教教育にたずさわるほか,特に宣教地において宣教師の司祭を助け,キリスト教教理を教える職務があり,カテキスタと呼ばれる。宣教地のカテキスタは一般に現地人のなかから起用されるので,外来の宣教師にとって不可欠な助力者である。日本では邦人司祭の増加とともにその必要性は減じているが,なお宣教において重要とされ,専門の養成機関が存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android