外来(読み)ガイライ

  • がいらい グヮイ‥
  • がいらい〔グワイ〕

デジタル大辞泉の解説

外国から来ること。「外来植物」
外部から来ること。「外来者の入室を禁ずる」
病院に通って診察・治療を受けること。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 外部から来ること。
※波形本狂言・神鳴(室町末‐近世初)「諸病(しゅびゃう)風よりこそおこりまらする。されども中風は外来(グイライ)の風にもあらずと申せば」 〔易経‐无妄〕
② 外国や他の土地などから来ること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「外来の先生、加之(しかも)打見た所芝居の女形にもなりそうな優男(やさをとこ)
③ 患者が病院に外部から通うこと。また、その患者。病院で、そういう患者を受け付ける部門をもいう。
※風俗画報‐二四一号(1901)愛宕町「東京慈恵病院〈略〉外来診察場」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「廊下も控所も外来(グヮイライ)の患者で一杯に埋ってゐる事があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android