外来(読み)がいらい

精選版 日本国語大辞典「外来」の解説

がい‐らい グヮイ‥【外来】

〘名〙
部から来ること。
※波形本狂言・神鳴(室町末‐近世初)「諸病(しゅびゃう)風よりこそおこりまらする。されども中風は外来(グイライ)の風にもあらずと申せば」 〔易経‐无妄〕
② 外国や他の土地などから来ること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「外来の先生、加之(しかも)打見た所芝居の女形にもなりそうな優男(やさをとこ)
③ 患者が病院に外部から通うこと。また、その患者。病院で、そういう患者を受け付ける部門をもいう。
※風俗画報‐二四一号(1901)愛宕町「東京慈恵病院〈略〉外来診察場」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「廊下も控所も外来(グヮイライ)の患者で一杯に埋ってゐる事があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外来」の解説

がい‐らい〔グワイ‐〕【外来】

外国から来ること。「外来植物」
外部から来ること。「外来者の入室を禁ずる」
病院に通って診察・治療を受けること。また、その人。
[類語](2到来伝来渡来飛来舶来舶載訪れ/(3通院入院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「外来」の解説

【外来】がいらい

外から来る。

字通「外」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android