コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナーボン城 カナーボンジョウ

デジタル大辞泉の解説

カナーボン‐じょう〔‐ジヤウ〕【カナーボン城】

Caernarfon Castle》英国ウェールズ北西部の港湾都市カナーボンにある城。13世紀末にエドワード1世がウェールズ征服の拠点としてグウィネズ地方に築いた城の一。コンウィ城ビューマリス城ハーレフ城とともに、1986年に「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。カーナーボン城
[補説]英国皇太子の称号「プリンスオブウェールズ」の授与式が行われる城としても有名。エドワード1世が、この城で誕生したイングランド皇太子(のちのエドワード2世)に称号を与えたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カナーボン城の関連キーワードカーナーボン城相葉ゆきこカーナーボンカーナーボン城アーカート城アシュフォード城アスローン城アニック城インバネス城インバレリー城

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android