コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニバリゼーション cannibalization

翻訳|cannibalization

マーケティング用語集の解説

カニバリゼーション

カニバリゼーション(cannibalization)とは、自社の2つ以上の商品、サービス、ブランドなどが互いに競合して、シェアを侵食しあう「共食い」現象。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

M&A用語集の解説

カニバリゼーション

自社の製品・ブランドが自社の他の製品・ブランドとシェア争いをする「共食い」現象のこと。例えば自社の新製品の導入による既存製品の売上減少があげられる。カニバリ(る)と略されたり、カニバライゼーションと表現されたりする。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

カニバリゼーション【cannibalization】

共食い。人食い。
マーケティングにおいて、自社製品(または自社サービス)どうしが競合するために、市場の共食いが発生してしまう現象。同じチェーンのコンビニエンス-ストアが、同一地域内に密集する場合など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カニバリゼーションの関連キーワードマーケティングコンビニエンス人食い

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android