カニバリゼーション(読み)かにばりぜーしょん(英語表記)Cannibalization

翻訳|cannibalization

M&A用語集「カニバリゼーション」の解説

カニバリゼーション

自社の製品・ブランドが自社の他の製品・ブランドとシェア争いをする「共食い現象のこと。例えば自社の新製品の導入による既存製品の売上減少があげられる。カニバリ(る)と略されたり、カニバライゼーションと表現されたりする。

出典 M&A OnlineM&A用語集について 情報

デジタル大辞泉「カニバリゼーション」の解説

カニバリゼーション(cannibalization)

《「カニバライゼーション」とも》共食い現象。同じ会社の製品で類似性が強く互換性がある場合に生ずる製品間の競合関係のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android