コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共食い cannibalization

翻訳|cannibalization

デジタル大辞泉の解説

とも‐ぐい〔‐ぐひ〕【共食い】

[名](スル)
同じ種類の動物などが、互いに食い合うこと。「カマキリが共食いする」
同業者が、互いに利益を奪い合い、その結果、ともに損をすること。また、そのような状態。「与党候補どうしの共食いとなる」
[補説]書名別項。→共喰い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

共食い【ともぐい】

動物が同種個体を捕食すること。大別すると2種類あり,一つは何らかの理由で死んだ仲間を食べるものであり,もう一つは積極的に生きた仲間を殺して食べるもので,前者はごく普通に見られるが,後者は比較的まれである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ともぐい【共食い cannibalism】

動物が自分と同種の動物を食べること。これには少なくとも二つの型がある。一つはなんらかの原因で死んだ仲間の死体を食うものであり,もう一つは積極的に殺して食べるものである。前者が動物食性の動物でかなり一般的にみられる現象であるのに対し,後者はこれを回避するような行動上のメカニズムを進化させている動物が多いこともあって,比較的まれである。積極的な共食いは,ほとんどの場合成体が同種の幼体(ふつうは自分の子ではない)を食べるものであり,コロニーをつくる海鳥類,魚類,昆虫,ライオンチンパンジーなどで観察されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ともぐい【共食い】

( 名 ) スル
同類の動物が互いに食い合うこと。 「カマキリが-している」
同業の者が互いに利益を得ようと競争して、お互いに不利になること。共倒れ。 「値下げ競争で-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

共食いの関連キーワードカニバライゼーションシリアゲコバチウサギコウモリコエロフィシス生類憐みの令蛸・章魚・鮹キリギリスメルルーサカマキリタチウオクマエビスズムシマグロガザミヤムシ子殺し共倒れ稚魚

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共食いの関連情報