コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネワール カネワールKhānewāl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネワール
Khānewāl

パキスタン北東部,パンジャブ州南部,ムルタン東北東約 40kmに位置する都市。国鉄の主要駅で,車両整備工場などがある。ラホール-ムルタン線とファイサラバード-バハワルプール線の分岐点。古くからパンジャブ平野でとれる米,アブラナ,果物,コムギ,綿花などの集散地として発達。現在,製綿工業,製粉工業などが発達した工業地帯となっている。市北東部には大規模な森林プランテーションがある。人口8万 9090 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android