コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノサディプーリア Canosa di Puglia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノサディプーリア
Canosa di Puglia

古代名カヌシウム Canusium。イタリア南部,プーリア州バリ県,バリ西方約 70kmの町。古代ギリシアの重要な植民都市。ローマ時代も農産物,窯製品,アプリア羊毛の重要な集散地として栄えたが,9世紀にシチリア島アラビア人によって破壊され,11世紀に再建。 20世紀初頭には大量の移民を新大陸に送り出して人口が激減した。ギリシア,ローマ時代の遺跡が多い。人口3万 955 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カノサディプーリアの関連キーワードカノーザ・ディ・プーリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android