カピサ(英語表記)Kapisa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピサ
Kapisa

アフガニスタンの古代都市。カーブルの北約 60kmのベグラームにその遺跡がある。パンジシル川とゴルバンド川の合流点近く,インドへの幹線路上の要衝として古くから栄えた。 1939年以来のフランス隊の発掘によれば,その歴史は前3世紀のグレコ=バクトリア王国時代までさかのぼる。のちにクシャン朝のカニシカ王の夏の都となり,仏教の中心地として繁栄した。発掘の結果から,おそらくササン朝によって3世紀頃破壊されたと推定されているが,玄奘によって,7世紀になお伽藍は約 100,僧 6000人余を擁していたと伝えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android