コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピトリーノ(英語表記)Capitolino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピトリーノ
Capitolino

イタリア,ローマの中心部にある小丘。ローマ七丘の1つ。古代名はカピトリヌス Capitolinus丘。古くからローマの政治,宗教の中心地で,ユピテル神殿や記録庫,神官所などの多くの重要な建物が建っていた。帝政時代にはここで戦勝行列や犠牲の儀式も行われた。 16世紀にミケランジェロの設計によってはしご形の平面をもつカンピドリオ広場が造られ,その中央にローマ彫刻の傑作マルクス・アウレリウス騎馬像が立ち,これをはさんでカピトリーニ美術館とパラッツォ・ディ・コンセルバトーリが向き合っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカピトリーノの言及

【カンピドリオ】より

…古代ローマ市の守護神ユピテルとユノ,ミネルウァの3神を祀る神殿,およびその神域となっていたローマ市の七つの丘のひとつ。別名カピトリーノCapitolino。ラテン語のカピトリウムCapitoliumから出る。…

※「カピトリーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android