コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプロン酸エチル

2件 の用語解説(カプロン酸エチルの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カプロン酸エチル

 C8H10O2 (mw144.21).CH3(CH2)4COOC2H5ヘキサン酸エチルともいう.着香剤として使われる食品添加物.果物の香りをもつ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カプロン酸エチル

日本酒の芳香成分の一つで、洋梨などの果実に含まれる成分。日本酒の製造過程では、酵母が発酵するときにアミノ酸などを使って作られるといわれる。米を精白し低温で発酵させる吟醸造りで現れやすい。この成分を生成しやすい酵母も開発されている。

(2010-05-07 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプロン酸エチルの関連キーワードクマリンシードルバニラエッセンスピラジン洋梨サイム油チブサノキ廃棄率リンゴ酒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプロン酸エチルの関連情報