コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機水銀化合物 ゆうきすいぎんかごうぶつ

3件 の用語解説(有機水銀化合物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機水銀化合物
ゆうきすいぎんかごうぶつ

有機水銀を含む化合物。アルキル系水銀とフェニル系水銀に大別されるが,多様な種類があり,医薬品,殺菌剤,農薬など用途が広い。いずれも毒性があるが,アルキル水銀の毒性が高く,体内に入ると脳神経をおかす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきすいぎんかごうぶつ【有機水銀化合物 organomercury compound】

有機金属化合物の一種で,水銀と炭素との直接結合を有する化合物の総称。現在ではとくにアルキル基またはアリール基と結合した水銀化合物を意味することが多い。(1)ジアルキル水銀 HgR2(R=アルキル基)の一般式で表される。ジメチル水銀(化学式Hg(CH3)2。沸点92.5℃,比重3.069),ジエチル水銀(Hg(C2H5)2。沸点159℃,比重2.466),ジノルマルプロピル水銀(Hg(n‐C3H7)2,沸点190℃,比重2.021),ジイソプロピル水銀(Hg(i‐C3H7)2,沸点63℃(10mmHg),比重2.002)のほか,ブチル基,ペンチル基などを有する多種の化合物が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有機水銀化合物
ゆうきすいぎんかごうぶつ
organomercury compound

アルキル基やアリール基などの炭素原子と水銀の結合をもつ化合物の総称で、ジアルキル(またはジアリール)水銀R2Hg型と、ハロゲン化アルキル(またはアリール)水銀RHgX型の二種類がある(Rはアルキルまたはアリール、Xは一価の酸基)。ジアルキルおよびジアリール水銀は非極性で、揮発性があり、無色、有毒な液体または低融点の固体である。たとえば、ジメチル水銀、ジエチル水銀、ジフェニル水銀などである。有機水銀化合物は、空気あるいは水によっては分解されないが、光または熱により遊離基的に分解される。また、ジアルキル水銀は、他の金属をアルキル化する性質があるため、しばしば有機金属化合物の合成に利用される。RHgX型化合物は、結晶性固体であり、Xの種類により共有結合化合物であったり、イオン結合化合物であるので、水よりも有機溶媒によく溶けるものもある。たとえば、ヨウ化メチル水銀などである。[西山幸三郎]

製法

一般的合成法は、塩化水銀とグリニャール試薬を適当なモル比で反応させる。また、カルボン酸の水銀塩から脱炭酸することにより得られる。不飽和炭素化合物と水銀塩との反応は、中間に有機水銀化合物を経由する水銀化およびオキシ水銀化などとして有機合成上工業的にも有用な方法であったが、公害問題などを含めた諸条件のため、ほとんど使用されなくなった。[西山幸三郎]

有機水銀化合物の毒性

無機水銀は動物の体内に入っても排泄(はいせつ)が迅速であるうえ、中枢神経系への侵入はほとんどない。一方、有機水銀は体内に入ると中枢神経系へ蓄積される。公害病などの原因物質として問題になったメチル水銀は、工場から直接排出されたか、工場由来の無機水銀がバクテリアのメチルコバラミンによりメチル化されたものと考えられている。海水中のメチル水銀は魚介類のえらを通して蓄積され、この魚介類を食べた野鳥や人間の体中に蓄積され、中枢神経が冒されるということになる。フェニル水銀は除草剤などとして使用されていたが、有機水銀の毒性が明らかになってから、その生産、使用は中止された。[西山幸三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有機水銀化合物の関連キーワード元素分析有機金属化合物有機水銀中毒合成有機金属有機金属化学気相反応法有機金属化学蒸着法有機金属気相成長法有機水銀野崎一有機金属化学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone