コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプールタラ Kapūrthala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプールタラ
Kapūrthala

インド北西部,パンジャブ州北部の町。カプールタラ県の行政庁所在地。ジュルンドゥルの西約 18kmに位置。 11世紀に建設され,1780年から 1948年までカプールタラ藩王国の首都であった。現在も宮殿や庭園が広い面積を占める。周辺はベアズ川沿いの農業地帯で,コムギ,綿花,サトウキビなどの生産が多く,町はこれらの集散・加工地。人口6万 3083 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android