コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポック油

栄養・生化学辞典の解説

カポック油

 熱帯地方に産する,パンヤの木Ceiba pentandra]の種子から得られる半乾性油.種子は約25%の脂肪を含み,脂肪酸組成は飽和脂肪酸16〜21%.オレイン酸44〜51%,リノール酸29〜34%,綿実油に似た性状をもつ.食用またはセッケン製造に用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

カポック油の関連キーワード油脂工業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android