コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマサイト kamacite

1件 の用語解説(カマサイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カマサイト【kamacite】

自然鉄ともいう。鉄隕石を構成するニッケル‐鉄合金のうち,Niの含有量が4~6%の金属相を指し,冶金学的にはα相の鉄(体心立方格子)に相当する。化学組成は(Fe,Ni)。立方晶系に属し,比重7.3~7.87,モース硬度4。金属光沢をもち,強磁性で,へき開は{001}に完全。鋼灰~鉄黒色,不透明,研磨面では白色を示す。光学的に等方性で反射多色性,異方性ともにない。鉄隕石のうちヘキサヘドライトはカマサイトのみからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カマサイトの関連キーワード石鉄隕石鉄隕石隕鉄珪ニッケル鉱ニッケル鋼ニッケル銅ニッケル鍍金自然鉄乗っける細胞骨格タンパク質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone