コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマサイト kamacite

1件 の用語解説(カマサイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カマサイト【kamacite】

自然鉄ともいう。鉄隕石を構成するニッケル‐鉄合金のうち,Niの含有量が4~6%の金属相を指し,冶金学的にはα相の鉄(体心立方格子)に相当する。化学組成は(Fe,Ni)。立方晶系に属し,比重7.3~7.87,モース硬度4。金属光沢をもち,強磁性で,へき開は{001}に完全。鋼灰~鉄黒色,不透明,研磨面では白色を示す。光学的に等方性で反射多色性,異方性ともにない。鉄隕石のうちヘキサヘドライトはカマサイトのみからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone