コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマーバンド cummerbund

翻訳|cummerbund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カマーバンド
cummerbund

幅広のぴったりしたサッシュの一種。元来は,インド中近東東欧などの男性がウエストに巻く飾り帯。ウエストマークとして婦人服にも取り入れられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カマーバンド(cummerbund)

タキシードの下に着ける幅の広い腰帯

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カマーバンド【cummerbund】

タキシードを着るときに用いる腰帯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカマーバンドの言及

【シャツ】より

…フォーマル・シャツは衿が取りはずせるセパレート・カラー形式になったものが中心で,その衿型はウィング・カラーが大部分である。タキシード用のフォーマル・シャツは胸の部分にひだ飾がつけられたり,のりで固くした〈いか胸〉と呼ばれるシャツが使われるが,これはベストではなくカマーバンドを着けるためである。ドレス・シャツも1930年代まではセパレート・カラーが中心になっていたが,それ以後は簡略型の縫付け衿が用いられ,第2次世界大戦後はこれが主流になり現在に及んでいる。…

【タキシード】より

…形は背広服に準じるが,生地は黒か濃紺の礼服地を使用,前の打合せはシングル(一つボタン)かダブル(四つボタン),襟は繻子などの拝絹をつけたピークド・ラペル(剣襟)かショール・カラーとする。チョッキは上着と共布で,形は燕尾服のものと同じであるが,1930年代末からインド人の使うサッシュをヒントにつくられた腹巻状のカマーバンドcummerbundを用いるようになった。ズボンも上着と共布で,脇の縫目にブレードを1本つける。…

※「カマーバンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カマーバンドの関連キーワードサッシュベルトタキシード

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カマーバンドの関連情報