コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミングトンセン石(カミングトン閃石) カミングトンせんせきcummingtonite

世界大百科事典 第2版の解説

カミングトンせんせき【カミングトンセン石(カミングトン閃石) cummingtonite】

カミングトン角セン石ともいう。角セン石の一つで,化学組成は(Mg,Fe2+)7Si8O22(OH)2と表される鉱物。ふつうFe2+/(Mg+Fe2+)の比が0.3~0.69のものをいい,0.7以上はグリューネセン石grunerite(鉄セン石ともいう),0.29以下はマグネシウムカミングトンセン石magnesiocummingtoniteと区別して呼ばれる。少量のCa,Mn,Alなどを含む場合が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報