コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラト・セマーン修道院 カラトセマーンしゅうどういんQal‘at Sem’an

世界大百科事典 第2版の解説

カラトセマーンしゅうどういん【カラト・セマーン修道院 Qal‘at Sem’an】

シリア北部,アレッポ近郊にある5世紀末の修道院。シメオン修道院ともいう。現在は廃墟。シリアの初期キリスト教建築中最も重要な遺構で現存最大。地上約15mの柱の上で30年以上もの間苦行(柱頭行者)をし,生前すでに信仰を生んだというシメオンSymeōn(390ころ‐459)を記念するため,その没後築かれた大規模な建物で,以後多くの巡礼者を集めた。教会は,苦行の柱(基部のみ現存)を囲う1辺約10mの八角堂を核として,東西南北に十字架状に三廊式バシリカを突出させたような特殊なプランをなす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android