コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラト・セマーン修道院 カラトセマーンしゅうどういん Qal‘at Sem’an

1件 の用語解説(カラト・セマーン修道院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラトセマーンしゅうどういん【カラト・セマーン修道院 Qal‘at Sem’an】

シリア北部,アレッポ近郊にある5世紀末の修道院シメオン修道院ともいう。現在は廃墟。シリア初期キリスト教建築中最も重要な遺構で現存最大。地上約15mの柱の上で30年以上もの間苦行(柱頭行者)をし,生前すでに信仰を生んだというシメオンSymeōn(390ころ‐459)を記念するため,その没後築かれた大規模な建物で,以後多くの巡礼者を集めた。教会は,苦行の柱(基部のみ現存)を囲う1辺約10mの八角堂を核として,東西南北十字架状に三廊式バシリカを突出させたような特殊なプランをなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラト・セマーン修道院の関連キーワードアレッポ哀れっぽい惚れっぽい忘れっぽいアッパーカナダビレッジアレッツォ大聖堂カレッツァ湖トラッツォリアルト橋古都アレッポ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone