コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラト・セマーン修道院 カラトセマーンしゅうどういんQal‘at Sem’an

1件 の用語解説(カラト・セマーン修道院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラトセマーンしゅうどういん【カラト・セマーン修道院 Qal‘at Sem’an】

シリア北部,アレッポ近郊にある5世紀末の修道院シメオン修道院ともいう。現在は廃墟。シリア初期キリスト教建築中最も重要な遺構で現存最大。地上約15mの柱の上で30年以上もの間苦行(柱頭行者)をし,生前すでに信仰を生んだというシメオンSymeōn(390ころ‐459)を記念するため,その没後築かれた大規模な建物で,以後多くの巡礼者を集めた。教会は,苦行の柱(基部のみ現存)を囲う1辺約10mの八角堂を核として,東西南北十字架状に三廊式バシリカを突出させたような特殊なプランをなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone