柱頭行者(読み)ちゅうとうぎょうじゃ(英語表記)stylites; pillar saints

  • 柱頭行者 stylite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1本のの上で生活しながら苦行した独修士。柱の高さは決っておらず,ときには柱上に仮小屋がしつらえられることもあった。食事は弟子によって供給された。このような禁欲修行法は,その創始者大シメオン (5世紀) 以後シリア,パレスチナ,メソポタミアに多く実行された。その代表者は5世紀のダニエル,6世紀の小シメオン,10~11世紀のラザロスなど。彼らは苦行したばかりではなく,ときには慕い来る人々に布教活動を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

柱の上で単独で修行するキリスト教の修道士。5世紀から10世紀にかけて,シリア,メソポタミア,エジプト,ギリシアなどに現れた。最初の柱頭行者はシリアのシメオンSymeōn(390ころ‐459)で,通常の修行方法に飽きたらず,他人に妨げられぬようにと柱にのぼったという。この修行方法はたちまちひろまり,徳を慕って人々がまわりに集まるなどして,孤独な修行方法という本来の目的は失われた。隠修士【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の柱頭行者の言及

【隠者】より

…隠者の行動様式は本来,個々人に特有なものであるが,各地に拡大するにしたがって,より多様化し,故意に誘惑のなかに身をおいて忍耐力をためしたり,一般信徒に説教をほどこしたり,伝道に従事したりするなどの例があげられる。エジプトの隠者修行は,ギリシア正教にうけつがれ,荒野や柱上(柱頭行者)で孤独に修行するものを輩出し,系譜上は現在にまで継承されている。ヨーロッパ世界に導入されたものは,一部はしだいに共住制をとってヨーロッパ修道院制に発展するが,本来の形態をまもるものも,多数存在した。…

※「柱頭行者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android