コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラノーボ遺跡 カラノーボいせきKaranovo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラノーボ遺跡
カラノーボいせき
Karanovo

ブルガリア東部にある新石器時代から青銅器時代にかけての遺跡。遺跡はテルのような人工の丘になっており,7期の遺物が確認されている。最下層はスタルチェボ文化に類似したこの地域の初期新石器文化の層 (カラノーボI) で,それ以後,前3千年紀末のカラノーボ VIIにいたる連続的な層位関係がとらえられ,この地域の編年の基準となっている。カラノーボ VIIはハンガリーバーデン文化,ソ連のクルガン文化 IVなどと近い関係にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone