コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマイ(克拉瑪依)特別市 カラマイKaramay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマイ(克拉瑪依)〔特別市〕
カラマイ
Karamay

中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区北部の市。カラマイとはウイグル語で「黒い油」を意味し,石油を中心とする鉱業都市である。ジュンガル (準 噶爾) 盆地北西隅の礫質砂漠にあり,1955年油田開発が開始されてから急速に発展した。住民は 13民族,大部分は油田と精油所の労働者である。原油は油田付近で精油されるほか,パイプラインにより市域南端のマイターグに送られる。人口 21万 64 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android