コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリアー・アンド・アイブズ Currier & Ives

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリアー・アンド・アイブズ
Currier & Ives

19世紀のアメリカで最大の石版画出版商会。経営者の N.カリアー (1813~88) は 15歳のときから出版社で働き,1834年ニューヨークで独立。一方 J. M.アイブズ (24~95) は 52年帳簿係としてカリアーの店に入り,美術の才能を示して 57年から共同経営者となった。出版される絵はアメリカの風俗画が多く,娯楽的な図柄が好まれた。単色で刷り上げられた絵は,数人の女性によって流れ作業式に筆で色づけされ,当時のカタログには 1100種の図柄があげられている。アメリカ国内主要都市およびロンドンに販売代理店がおかれ,通信販売も利用された。商会に関係した画家やイラストレーターには,重要な人たちも多い。カリアー,アイブズの死後,商会は2人の息子たちに受継がれ 1907年まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android