コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリエラ族 カリエラぞくKariera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリエラ族
カリエラぞく
Kariera

オーストラリア先住民の一民族。オーストラリア西部に居住し,男性は狩猟漁労,女性は採集を行なっていた。白人との接触以来人口が激減し,今日では絶滅に近い。社会生活の中心はバンドにあり,各バンドはおのおののトーテムをもつ。かつては各 30人ほどで 20~25のバンドを構成し,各バンドが 300km2ほどの領域を放浪した。外婚的父系親族は4つのセクション (四分組織) と複雑な婚姻規制に特徴をもち,その点で人類学上重要な民族とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android