カリガネソウ(雁金草)(読み)カリガネソウ(英語表記)Caryopteris coreana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カリガネソウ(雁金草)」の解説

カリガネソウ(雁金草)
カリガネソウ
Caryopteris coreana

クマツヅラ科の多年草。一名ホカケソウともいう。日本各地の山野に自生する。高さ 1m内外,方形で直立し,葉は柄があって対生し,卵形で縁に鈍鋸歯がある。全草に悪臭がある。茎の上部には節ごとに分枝を生じ,紫色の唇形花をつける。花柱と4本あるおしべが長く突出している形からそれをガン () や帆船にたとえて雁金草,帆掛草の名がつけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android