コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリスチカリア制度 カリスチカリアせいど Charisticaria; the system of Charisticaria

1件 の用語解説(カリスチカリア制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリスチカリア制度
カリスチカリアせいど
Charisticaria; the system of Charisticaria

ビザンチン帝国で修道院および修道院財産の管理を聖職者以外の者にまかせた制度。 10世紀末から 11世紀初めに発生し,皇帝が高位の家臣に報酬の一部として与えたもので,一種の領地にあたる。これは一方では限りなく増加する修道院の経済力の弱体化をねらったもので,当然教会側からの反発が強く起った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリスチカリア制度の関連キーワードビザンチン帝国サナヒン修道院シモノペトラ修道院ダフニ修道院ツェティニェ修道院バチコボ修道院ハフパト修道院ビザンチン式ビザンチン文化ビン・ビル・キリッセ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone