コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリスチカリア制度 カリスチカリアせいどCharisticaria; the system of Charisticaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリスチカリア制度
カリスチカリアせいど
Charisticaria; the system of Charisticaria

ビザンチン帝国で修道院および修道院財産の管理を聖職者以外の者にまかせた制度。 10世紀末から 11世紀初めに発生し,皇帝が高位の家臣に報酬の一部として与えたもので,一種の領地にあたる。これは一方では限りなく増加する修道院の経済力の弱体化をねらったもので,当然教会側からの反発が強く起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カリスチカリア制度の関連キーワードビザンチン帝国

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android