カリマーラ(英語表記)Arte di Calimala

世界大百科事典 第2版の解説

カリマーラ【Arte di Calimala】

中世フィレンツェのギルドの一つ。その実態はまだ不明な点が多い。12世紀以降,同市の中心街であるカリマーラ街には国際商業,特に北西ヨーロッパ産の毛織物の取引を営む大商人が集中していた。彼らは中世商業と双子関係にある金融業や,未完成品の輸入毛織物を染色・仕上加工して再輸出するようになると,こうした工業をも営んだ。同ギルドは最初このような大商人を中核とする,カリマーラ街に店舗をもつ人々からなる,地区団体的な性格をもった一種のギルドであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android