コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルコンディレス Chalko(ko)ndylēs, Laonikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルコンディレス
Chalko(ko)ndylēs, Laonikos

[生]1423頃. アテネ
[没]1490?
ビザンチン帝国歴史家,外交家。カルココンディレスとも呼ばれる。アテネの上流階級の出身。ミストラの哲人ゲミストス・プレトンの弟子。外交使節として活躍し,オスマン帝国のスルタン,ムラト2世のもとに 2度ビザンチン使節として赴任。歴史家としてはツキジデスを模範とし,1298~1463年までを扱った『歴史』Apodeixeis historiōn(10巻)を著述。これはトルコ帝国よりみたビザンチン史という従来のビザンチンの歴史家にはみられない特色をもち,著者の鋭い批評眼と客観的記述により信頼性の高い史料価値をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルコンディレスの関連キーワードマソリーノ・ダ・パニカーレ足利義量足利義持ベネディクツス13世クレメンス8世ベネディクツス14世アビニョン教皇庁ザクセン足利義稙ウラディスラフ2世ヤゲロウェツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android