コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルバモイルリン酸シンテターゼ

栄養・生化学辞典の解説

カルバモイルリン酸シンテターゼ

 ATPとアンモニアからカルバモイルリン酸を生成する反応を触媒する酵素.尿素の合成,ピリミジンの合成代謝において重要な酵素.欠損すると尿素合成に支障をきたし高アンモニア血症を起こして生命の危険に陥る.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

カルバモイルリン酸シンテターゼの関連キーワードATPアーゼエネルギー代謝アデノシン三リン酸イオン輸送代謝酸化的リン酸化TCA回路フォスファーゲンATPアーゼアルギニンリン酸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android