コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルパトス島 カルパトストウ

デジタル大辞泉の解説

カルパトス‐とう〔‐タウ〕【カルパトス島】

KarpathosΚάρπαθος》ギリシャ南東部、エーゲ海最南部に浮かぶ島。イタリア語名スカルパント島。ドデカネス諸島中、2番目に大きく、ロードス島クレタ島の間に位置する。主な町はカルパトス(通称ピガディア)とオリンポス。古くから軍事的な要衝であり、ベネチア共和国オスマン帝国の支配下に置かれた。1912年よりイタリア領、1947年にギリシャ領に復帰。伝統的な白壁の家並みと民族衣装で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルパトス島
カルパトスとう

カルパソス島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルパトス島
かるぱとすとう
Krpathos

ギリシア南東部、エーゲ海にあるドデカネソス諸島中の一島。ロードス島の南西、クレタ島の東北東に位置する。イタリア語名はスカルパントScarpanto島。面積301平方キロメートル、人口6622(2001)。歴史上、戦略地点として重要視され、ロードス島と同じく14~16世紀にかけてベネチアに、その後オスマン・トルコ帝国に領有された。1912~47年にはイタリア領となり、以後ギリシア領となった。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルパトス島の関連キーワードドデカネス[諸島]スカルパント島カソス島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android