コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルパトス島 カルパトストウ

3件 の用語解説(カルパトス島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カルパトス‐とう〔‐タウ〕【カルパトス島】

KarpathosΚάρπαθος》ギリシャ南東部、エーゲ海最南部に浮かぶ島。イタリア語名スカルパント島。ドデカネス諸島中、2番目に大きく、ロードス島クレタ島の間に位置する。主な町はカルパトス(通称ピガディア)とオリンポス。古くから軍事的な要衝であり、ベネチア共和国オスマン帝国の支配下に置かれた。1912年よりイタリア領、1947年にギリシャ領に復帰。伝統的な白壁の家並みと民族衣装で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルパトス島
カルパトスとう

カルパソス島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルパトス島
かるぱとすとう
Krpathos

ギリシア南東部、エーゲ海にあるドデカネソス諸島中の一島。ロードス島の南西、クレタ島の東北東に位置する。イタリア語名はスカルパントScarpanto島。面積301平方キロメートル、人口6622(2001)。歴史上、戦略地点として重要視され、ロードス島と同じく14~16世紀にかけてベネチアに、その後オスマン・トルコ帝国に領有された。1912~47年にはイタリア領となり、以後ギリシア領となった。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルパトス島の関連キーワードΑκροκόρινθοςΑλίανθοςコリンソス遺跡コリントス遺跡ΣκιάθοςΠάτραιパンドクラトロス修道院ミクリミトロポリ教会ΜάκρηΑπάμεια

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルパトス島の関連情報