コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルパート=ウクライナ Carpatho-Ukraine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルパート=ウクライナ
Carpatho-Ukraine

カルパチア山脈北方のかつての紛争地域。ルテニア Rutheniaとも呼ばれた。住民はウクライナ系のルテニア人を中心に,ユダヤ人,ハンガリー人,ポーランド人など多数の民族を含んでいる。歴史的にはハプスブルク帝国の領内にあり,近隣諸民族の領土的野心の対象となっていた。第1次世界大戦後の 1919年に,独立したチェコスロバキアのなかの自治地域となったが,38年のミュンヘン協定ののち一部がハンガリーに編入され,他はドイツの保護領となった。第2次世界大戦中はハンガリーの支配下におかれたが,戦争末期にソ連軍に制覇され,45年6月にチェコスロバキアからソ連へ譲渡された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルパート=ウクライナの関連キーワードプシェミシル

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android