コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルムイク文字 カルムイクもじ

1件 の用語解説(カルムイク文字の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カルムイクもじ【カルムイク文字】

オイラート文字ともトド(托忒)文字ともいう。1648年オイラート族出身のラマ僧ザヤパンディタ(1599‐1662)が考案したもので,従来のモンゴル文字がoとu,öとü,kとg,tとdなどの間に字形上の区別がなかったので,これらに特別の記号を付加して区別を明瞭にした。このために“明瞭な(トド)”文字という意味でトド文字と呼ばれた。トド文字はジュンガリアおよび外モンゴリア西部のオイラート族,ロシアのボルガ川下流域に移住したオイラート族の別派(カルムイク族)の間で用いられたが,今日では新疆ウイグル自治区のオイラート系モンゴル族の間でのみ用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルムイク文字の関連キーワード1バイト文字字間クレタ文字女真文字表意文字ロシア文字天名地鎮梵字多バイト文字マルチバイト文字

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone