コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とど トド

3件 の用語解説(とどの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とど[名・副]

[名]
最も成長した段階のボラ。
最後。限度。
「全体土間も六人―で見るといいけれど」〈滑・客者評判記〉
[副]《「とどのつまり」の略》結局。しまいに。
「二三の問答があって、―僕が狩野法眼元信の幅を…売渡す」〈漱石吾輩は猫である

とど[副]

[副]
戸をたたく音や馬の駆ける足音など、響き渡る音を表す語。
「馬の音の―ともすれば松陰に出でてそ見つるけだし君かと」〈・二六五三〉
よたよたよろめくさま。
「―走りて倒れにけり」〈盛衰記・二〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とど

( 副 )
とどろく音を表す語。 「奥山の真木の板戸を-として我が開かむに入り来て寝さね/万葉集 3467
よろめくさま。 「踏まれて下りに弓長ゆんだけ三杖ばかり-走りて倒れにけり/盛衰記 20

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とどの関連情報