カルロス・R. ビリャヌエバ(英語表記)Carlos Raúl Villanueva

20世紀西洋人名事典の解説

カルロス・R. ビリャヌエバ
Carlos Raúl Villanueva


1900.5.30 -
ベネズエラの建築家,都市計画者。
ロンドン生まれ。
パリの国立美術学校で建築を学び、1928年からベネズエラで活躍した。伝統的な建築と新しい建築デザインを融合して指導的立場に立ち、南アメリカの気候風土に適した機能主義的要素を取り入れ注目された。’41年レンシオ地区の低コスト住宅群の開発、’44年からカラカス大学都市の建設に参加。エル・パライソ地区等の改造計画を手がけ、’50年代に入ってカラカスを現代都市に変貌をさせた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android