カルロ2世(読み)カルロにせい(英語表記)Carlo II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロ2世
カルロにせい
Carlo II

[生]1799.12.8. パルマ
[没]1883.5.17. ニース
パルマ公 (在位 1847~49) 。 1803年エトルリア王となったが,07年ナポレオン1世によって退位させられた。ウィーン会議でルッカ公領を得 (15~47) ,母マリア・ルイーザ (スペイン系ブルボン家出身) の跡を継いで,47年パルマ公となるが,49年に退位,息子カルロ3世にその位を譲った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カルロ2世

生年月日:1799年12月8日
エトルリア王(在位1803〜07)
1883年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android