コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタクジノ家 カンタクジノけCantacuzino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタクジノ家
カンタクジノけ
Cantacuzino

ルーマニアの大貴族の家柄。ギリシア系。先祖はビザンチン帝国の将軍で,皇帝を輩出。なかでもヨハネス6世カンタクゼヌス (在位 1347~54) は著名。オスマン帝国支配下では官吏として活躍。 16~17世紀にモルドバ,ワラキア地方に定着。ワラキア公シェルバン (在位 1679~88) ,モルドバ公ドゥミトラシュク (在位 73~75,84~85) ,ワラキア公シュテファン (在位 1714~16) ,コンスタンチン (在位 1848~49) ,ルーマニア首相ゲオルゲ (在任 99~1900,04~07) らの政治家や,コンスタンチン (1650~1716) ,ヨアン (1863~1934) らの文人,科学者を多数輩出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンタクジノ家の関連キーワードカンタクジノ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android