コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピロバクター食中毒 かんぴろばくたーしょくちゅうどく

1件 の用語解説(カンピロバクター食中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんぴろばくたーしょくちゅうどく【カンピロバクター食中毒】

[どんな病気か]
 カンピロバクターは、イヌ、ブタ、ウシ、ニワトリなどに下痢(げり)をおこさせる細菌で、これらの家畜から感染して人にも下痢性の病気をおこします。
●多発する季節と年齢
 多発するのは5~6月ですが、年間を通じてみられます。集団発生のほかに家族内発生、散発的な発生もあります。子どもに多いのですが、おとなにもみられます。
[症状]
 潜伏期は3日前後で、急な発熱、腹痛、下痢がおこります。下痢の始まる数時間~2、3日前から、38~39℃の発熱をみますが、熱に気づかないこともあります。
 腹痛はかなり強く、へそのまわりが痛むことが多く、1日数回から10数回の水様または粘液(ねんえき)と血液のまじった下痢となります。
[治療]
 マクロライド系の抗生物質化学療法薬のノルフサシリンが効きます。脱水症状や腹痛には、一般の下痢と同じ手当をします。
[予防]
 カンピロバクター菌は、病人の排泄物(はいせつぶつ)に含まれるほか、この菌を保有している家畜の糞便(ふんべん)中にも排泄される率が高いので、下痢をしている人やイヌ・ネコ、小鳥などのペットから感染しないように注意すべきです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

カンピロバクター食中毒の関連キーワードアゾトバクタースピリルムヘリコバクター・ピロリカンピロバクター何心地ヘリコバクターピロリエアロバクター属カンピロバクター症カンピロバクター属カンピロバクター腸炎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンピロバクター食中毒の関連情報