カンピロバクター食中毒(読み)かんぴろばくたーしょくちゅうどく

家庭医学館の解説

かんぴろばくたーしょくちゅうどく【カンピロバクター食中毒】

[どんな病気か]
 カンピロバクターは、イヌ、ブタ、ウシ、ニワトリなどに下痢(げり)をおこさせる細菌で、これらの家畜から感染して人にも下痢性の病気をおこします。
●多発する季節と年齢
 多発するのは5~6月ですが、年間を通じてみられます。集団発生のほかに家族内発生、散発的な発生もあります。子どもに多いのですが、おとなにもみられます。
[症状]
 潜伏期は3日前後で、急な発熱、腹痛、下痢がおこります。下痢の始まる数時間~2、3日前から、38~39℃の発熱をみますが、熱に気づかないこともあります。
 腹痛はかなり強く、へそのまわりが痛むことが多く、1日数回から10数回の水様または粘液(ねんえき)と血液のまじった下痢となります。
[治療]
 マクロライド系の抗生物質や化学療法薬のノルフサシリンが効きます。脱水症状や腹痛には、一般の下痢と同じ手当をします。
[予防]
 カンピロバクター菌は、病人の排泄物(はいせつぶつ)に含まれるほか、この菌を保有している家畜の糞便(ふんべん)中にも排泄される率が高いので、下痢をしている人やイヌ・ネコ、小鳥などのペットから感染しないように注意すべきです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

知恵蔵miniの解説

カンピロバクター食中毒

ニワトリやウシ、ブタなどの腸管内に生息するカンピロバクター菌による食中毒。生やそれに近い状態の食肉から人に経口感染する。潜伏期間は2〜7日間で、発症後は下痢や腹痛、発熱などが起こる。その後まれに、手足の麻痺を起こすギラン・バレー症候群を発症することもある。カンピロバクター菌は家畜にとっては病原菌ではなく、東京都の調査では流通している鶏肉の4割から6割に付着しているとされる。食肉を十分に加熱し、調理器具を清潔に保つことで予防することができるが、2000年代以降の生食ブームで鶏肉や牛レバーなどを生食し、発症するケースもある。

(2019-7-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンピロバクター食中毒の関連情報