コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーイム・マカーム Qā’im Maqām

世界大百科事典 第2版の解説

カーイム・マカーム【Qā’im Maqām】

1779‐1835
カージャール朝の政治家,文学者。本名ミールザー・アブー・アルカーシムMīrzā Abū al‐Qāsim。アゼルバイジャン総督アッバース・ミールザーに仕え,その宮廷で宰相代理(カーイム・マカーム)を務める。後に第3代のシャー,モハンマド・シャーの宰相。近代ペルシア語の散文改革者としても著名であった。饒舌で華美な修飾に流れていた古典の詩文を批判し,簡潔で直截な文章表現をすることを提唱して自ら《書簡集》を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カーイム・マカームの関連キーワードカーイム・マカーム制度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android