コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーシフィー カーシフィー Kāshifī, Ḥusayn Wā`iẓ

2件 の用語解説(カーシフィーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーシフィー
カーシフィー
Kāshifī, Ḥusayn Wā`iẓ

[生]? バイハク
[没]1505
ペルシアの文人,宗教家。ヘラートにおいてチムール朝フサイン・バイカラーの宰相アリー・シールの保護を受けた。主著『殉教者の園』 Rawzat al-shuhadā',『カリーラとディムナ』のペルシア語訳で華麗な文体で知られる『天蓋の光』 Anwār-e suhaylī,王子のために執筆した『ムフスィンの倫理』 Akhlāq-e Muḥsinī (1495) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーシフィー
かーしふぃー
usayn W‘iz Kshif
(?―1505)

ペルシアの文人、宗教家。サブザワールに生まれる。ヘラートで説教師として活躍、そのかたわら華麗な文体で著作活動に励んだ。代表作にはインド説話『カリーラとディムナ』を底本とする『天蓋(てんがい)の光』、シーア派第3代イマーム・フサインのカルバラーの悲劇を主題とする『殉教者の園』、ヘラート宮廷のスルタン・フサインの王子アブル・ムフスィンに捧(ささ)げて書いた道徳書『ムフスィンの倫理』(1495)がある。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーシフィーの関連キーワード階乗差分方程式NエヌN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone