倫理(読み)りんり

精選版 日本国語大辞典「倫理」の解説

りん‐り【倫理】

〘名〙
① 人倫の道。社会生活で人の守るべき道理。人が行動する際、規範となるもの。
※信長記(1622)一五下「政要〈略〉程子のいはく、倫理(リンリ)を正しくするときくは、尊卑の分あきらかなり」 〔礼記‐楽記〕
※錦木(1901)〈柳川春葉〉二「倫理の教師が欠席したものだから、一時間繰上げたんです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「倫理」の解説

りん‐り【倫理】

人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。道徳。モラル。「倫理にもとる行為」「倫理観」「政治倫理
倫理学」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の倫理の言及

【道徳】より

…こんにちの用法では倫理という語と根本的な相違はない。倫とは仲間を意味し,人倫といえば,畜生や禽獣のあり方との対比において,人間特有の共同生活の種々のあり方を意味する。…

※「倫理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android