カーマーゼンシャー(英語表記)Carmarthenshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーマーゼンシャー
Carmarthenshire

イギリスウェールズ南西部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地カーマーゼン。ウェールズ語では Sir Gaerfyrddin。ブリストル海峡に面する南部から,北部の内陸に向かって広がる。旧カーマーゼンシャー県と全域が重なる。1974年の自治体再編でディベド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。海抜 0mのブリストル海峡沿岸から東部のブラック山地までは 600m以上の標高差がある。標高 180mをこえる丘陵地帯には石器時代の古墳や石塚などが点在し,特に北西部にはさまざまな石碑が見られる。南東部では 19世紀から 20世紀初頭にかけて,多くの村で無煙炭の採掘が盛んに行なわれ,ラネリ,アマンフォードなどの工業都市も発展した。第2次世界大戦後は新しい産業が取って代わり,重工業や炭鉱業は 20世紀末には衰退した。ラネリでは近年,梱包用のブリキ板やスチールの加工製品,その他の軽工業製品が生産される。南東部以外の大部分は酪農を中心とした農村地帯で,北部の丘陵地帯では牧羊も行なわれる。東部の一部はブレコンビーコンズ国立公園に属する。面積 2371km2。人口 17万8100(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android