コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーン‐インゴルド‐プレログ則 Cahn-Ingold-Prelog sequence rule

1件 の用語解説(カーン‐インゴルド‐プレログ則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

カーン‐インゴルド‐プレログ則【Cahn-Ingold-Prelog sequence rule】

キラル分子の絶対配置を表現するためのシステム.R/S則ともいう.分子に中心性キラリティー,軸性のキラリティー,面性のキラリティーがともに存在するときは,この順番でキラリティーを表示する.中心性のキラリティーは,不斉中心に結合している置換基を「順位則」に従って順番を定め,順位最低の置換基を始点と不斉中心を結ぶ軸で最も遠くにあるように配置したとき,残りの3個の置換基の順位の増加順が右回りならR配置,左回りならS配置と定める.軸性のキラリティー,面性のキラリティーについても同じように置換基に順位則を適用し,同様な方法でR/S配置を決定することとなる.順位則*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーン‐インゴルド‐プレログ則の関連キーワードディスクアレイ軌道関数立体配置セントラルドグマアナモルフォーシスアイソタクティックポリマーテクスチュロメーターAKF図ガーシュゴーリンの定理フォーレル階級(海水の色調)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone