コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスプラル Gaspralï İsma‘il

世界大百科事典 第2版の解説

ガスプラル【Gaspralï İsma‘il】

1851‐1914
クリミア・タタールの貴族出身のイスラム改革主義者。モスクワの陸軍士官学校卒業後,フランス(1871‐75)とトルコ(1875‐77)に留学し,フランス自由主義と青年トルコ党のイデオロギーの影響を受けた。帰国後,クリミアのバフチサライの市長となり(1877‐82),いわゆる〈新方式〉(ジャディディズム)に基づくマドラサを創立した。これはロシアだけでなく,トルコなどムスリム諸国のイスラム学校の新しいモデルとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガスプラルの関連キーワードクリミア・タタール

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android