コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスプラル Gaspralï İsma‘il

1件 の用語解説(ガスプラルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガスプラル【Gaspralï İsma‘il】

1851‐1914
クリミアタタールの貴族出身のイスラム改革主義者。モスクワ陸軍士官学校卒業後,フランス(1871‐75)とトルコ(1875‐77)に留学し,フランス自由主義青年トルコ党のイデオロギーの影響を受けた。帰国後,クリミアのバフチサライの市長となり(1877‐82),いわゆる〈新方式〉(ジャディディズム)に基づくマドラサを創立した。これはロシアだけでなく,トルコなどムスリム諸国のイスラム学校の新しいモデルとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガスプラルの関連キーワードナイチンゲールヤルタクリミアクリミア戦争畳み上げるクリムハン国ブリミアザ・プレミアム・モルツクリミア半島

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone