コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガゼット・ド・フランス Gazette de France

世界大百科事典 第2版の解説

ガゼット・ド・フランス【Gazette de France】

1631年5月30日に,T.ルノードがルイ13世治下の宰相リシュリューを後ろだてにして創刊した新聞。当初は単に《ガゼット》と呼ばれ,1762年から《ガゼット・ド・フランス》と改称した。フランス大革命期まで,ルイ王朝の官報だった。なお,この《ガゼット》がフランス最初の新聞で,したがってルノードが〈フランスにおける新聞の最初の創刊者〉(ボルテール)だというのが長い間の定説だった。ところが第2次世界大戦後になって,スウェーデンの新聞史研究者ダールらの努力で,《ガゼット》の創刊より4ヵ月半早く,書籍出版業者ジャン・マルタンとルイ・バンドームが週刊紙《Nouvelles ordinaires de divers endroits》を創刊していたことが明らかになった(発見されたのは1631年7月17日付の第27号)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガゼット・ド・フランスの関連キーワードエドモンド ビレ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android