定説(読み)ジョウセツ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐せつ〔ヂヤウ‐〕【定説】

ていせつ(定説)」に同じ。
「―を承り満足申して候」〈謡・山姥
疑いのないこと。決まっていること。
「夜明けなば生き死にの―隠れあるまじと」〈浄・万年草

てい‐せつ【定説】

一般に認められ、確定的であるとされている。「定説をくつがえす」「学界の定説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうせつ【定説】

ていせつ(定説)」に同じ。
決まったこと。疑いないこと。 「生き死にの-隠れあるまじ/浄瑠璃・万年草

ていせつ【定説】

正しいと認められている説。 「 -をくつがえす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐せつ ヂャウ‥【定説】

〘名〙
① 確定したものと認められた説。きまって動かない説。ていせつ。
※九冊本宝物集(1179頃)八「聖教の異説、よくよく定説をたづぬべき也」
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「『ああごくらくもぢこくも、たしかにござる事で御ざる』『ある、扨は是がぢゃうせつじゃ』」
② 転じて、疑いないこと。決まったこと。
※浄瑠璃・心中万年草(1710)下「こよひかぎりの命也と申せしが、夜明なばいき死のぢゃうせつかくれ有まじと、涙をかくす声(こは)つき」

てい‐せつ【定説】

〘名〙 確定した説。正しいときまって動かない説。また、一般に正しいと認められている説。定論
※名語記(1275)五「これは定説にもやと存ぜり」
※実朝(1943)〈小林秀雄〉「今日の史家の定説の様である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定説の関連情報