稲葉(読み)イナバ

デジタル大辞泉の解説

いな‐ば【稲葉】

稲の葉。
「恋ひつつも―かき別(わ)け家居(を)れば乏(とも)しくもあらず秋の夕風」〈・二二三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなば【稲葉】

稲の葉。また、田に生えている稲。 「恋ひつつも-かき別け家居れば/万葉集 2230

いなば【稲葉】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いな‐ば【稲葉】

〘名〙 の葉。また、刈り取られる前に田に生育している稲。歌語
※万葉(8C後)一〇・二二三〇「恋ひつつも稲葉(いなば)かき分け家居(を)れば乏(とも)しくもあらず秋の夕風」

いなば【稲葉】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲葉の関連情報