ガット・ギター[gut guitar](読み)ガットギター

音楽用語ダスの解説

ガット・ギター[gut guitar]

いわゆるクラシック・ギター。ガットとは腸のことで、昔は羊などの腸を材料として弦を作っていたのでこう呼ばれている。現在ではナイロン弦を使用している。ガットギターはギターの基本型をしており、音を増幅させるために平らな表板に丸いサウンド・ホールが開いている。糸巻ブリッジでの弦のセッティングにいろいろな種類がある。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android