コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガバナンス がばなんす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ガバナンス

統治のこと。『ガバメント』とは対照的な統治として位置づけられる。ガバメントは政府が上の立場から行なう、法的拘束力のある統治システムである。一方、ガバナンスは組織や社会に関与するメンバーが主体的に関与を行なう、意思決定、合意形成のシステムである。このガバナンスの意味をもとに、経営学の分野でも、「ITガバナンス」や「コーポレートガバナンス」という言葉が使われるようになった。これらは、株主や経営陣による企業管理、統治という意味合いも含まれてはいる。だが、企業の利害関係者(株主、経営者、従業員、取引先など)の主体的な作用による、意思決定、合意形成のシステムが、本来の意味に近い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

事業再生用語集の解説

ガバナンス

統治。統治能力。 「コーポレートガバナンス」とは、直訳すれば「企業統治」を指す。企業をどのように経営(統治)してゆくのかということ。①企業の不祥事が相次ぎ、企業の倫理観が問われ始めたこと、②効率的な経営がなされなくても、その責任の追及が厳しくなく、経営者に対するモニタリングが不十分であったこと、③バブル経済崩壊後は株式投資リターンも低迷し、企業が株主利益を軽視しているとの指摘が強まったこと、などが要因として近々、関心が高まってきた。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ガバナンス

株式会社ぎょうせいが発行する専門誌。地方自治などに関する情報を紹介。毎月1日発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ガバナンス【governance】

統治。支配。管理。また、そのための機構や方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ガバナンスの関連キーワードガバナンス Governanceコーポレートガバナンス・コードコーポレートガバナンスコードスチュワードシップ・コード持続可能な開発国際戦略本部コーポレート・ガバナンス地方公営企業等金融機構日本版COSO報告書米国型企業統治モデルパブリックガバナンス指名委員会等設置会社ディスクロージャーステークホルダー重要財産委員会環境ガバナンス委員会設置会社リコノミクス執行役員制度企業情報開示エンロン事件

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガバナンスの関連情報