ガマの膏売り(読み)がまのあぶらうり

日本文化いろは事典の解説

侍の格好をし片手を持った油売りが、「さぁ、さぁ、お立会い・・・」と言った口上路上で披露しながらガマの油を売る口上芸の一種です。 茨城県筑波山の名物として、知られています。毎年8月第1日曜日に筑波山行われるでガマ祭りでは「ガマの膏売り口上全国大会」も行われています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android