コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラス光沢 ガラスコウタク

1件 の用語解説(ガラス光沢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガラス‐こうたく〔‐クワウタク〕【ガラス光沢】

鉱物の、ガラスのような光沢。透明から半透明で、屈折率は金剛光沢よりも低い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガラス光沢の言及

【鉱物】より

…金属鉱物,多くの金属の硫化鉱物などの示す光沢である。普通の透明鉱物の多くは,表面の反射光と一部内部に透過した光とが混合したための光沢,すなわちガラス光沢(はり光沢)を示す。多くのケイ酸塩鉱物,例えば長石類はその代表的なものである。…

※「ガラス光沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガラス光沢の関連キーワードガラス紙薔薇輝石半透明絹糸光沢脂肪光沢樹脂光沢真珠光沢非金属光沢アトリタスの要素青金石

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガラス光沢の関連情報