コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラパン がらぱん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラパン
がらぱん
Garapan

太平洋中西部、ミクロネシア北部、アメリカ自治領の北マリアナ連邦の首都。サイパンともいう。サイパン島西岸、タンガパグTangapag湾に面する。人口2万3494(1991)。1924年、国際連盟によってマリアナ諸島が日本の南洋委任統治領となった際、その行政中心地となった。第二次世界大戦後はアメリカの信託統治領の首都。さらに1978年、北マリアナ連邦成立にあたってその首都となった。1990年、信託統治が終了。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガラパンの言及

【サイパン[島]】より

…その後カロリン諸島から幾度か移住が試みられ,1815年には台風によって住居を失ったトラック諸島民200人が集団移住したことが知られている。カロリンからの移住者を中心に島の西海岸にガラパンの町がつくられた。ガラパンにはドイツ時代(1899‐1914),日本時代(1914‐44)ともに支庁が置かれ,マリアナ諸島の政治的中心であった。…

※「ガラパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガラパンの関連キーワードガラパンクライストライ教会マイクロビーチ北マリアナ諸島ガラパン地区彩帆香取神社マニャガハ島砂糖王公園

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android